アジアの注目企業100

企業紹介

今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために。 ビズメイツ株式会社 代表取締役社長 鈴木 伸明
ビズメイツ株式会社

今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために。

ビズメイツ株式会社

代表取締役社長 鈴木 伸明

―アジアでの御社の事業内容について教えてください。

弊社は、「今よりもっと多くのビジネスパーソンが世界で活躍するために」というミッションをかかげ、ビジネスで成果をあげるための英語コミュニケーションスキルの修得を目指した、ビジネス特化型のオンライン英会話スクールです。日本人ビジネスパーソンのために開発したオリジナル教材、オンライン英会話に最適化された独自メソッド、そしてハイレベルな講師陣が強みです。弊社はフィリピンに現地法人を構えており、フィリピンの国事情、そして日本の英語教育事情にも精通しているCOOが現地で講師の採用、トレーニングを行っています。弊社は採用の際に英語力だけでなく講師のビジネス経験、ティーチングスキル、パーソナリティも重視しており、また同じく採用後の講師のケアやトレーニングにも力を入れています。2012年のサービス提供開始以降着実に成長を続け、2018年2月現在、導入企業社数が300社を突破しました。

―アジア展開を決めた理由や、これまでの経緯について教えてください。

フィリピン人の母国語はタガログ語ですが、欧米の名だたる企業がこぞってコールセンターを構えるなど英語力の高さが世界的に知られており、彼らはまさに英語学習の成功者と言えます。フィリピン人を講師として採用する、フィリピンに軸足を置いたビジネス展開を見据え、2012年に現地子会社を設立しました。

―これまでのアジア市場での実績について教えてください。

フィリピンは近年目覚ましい経済成長を遂げていますが、交通事情やインフラの不整備等の社会課題、または家庭環境等が理由で外にでて働く事ができない優秀な人材が大勢います。我々ビズメイツはオンラインならではの特性を活かし、彼らに雇用の機会を提供しています。現在弊社では、900名を超える優秀な講師がオンラインで活躍してくれています。

―今後アジア進出を考えている経営者へのアドバイスをお願いします。

日本がトップダウンで管理するのではなく、現地オフィスのマネジメントは現地のスタッフに裁量権を持って行ってもらい、日本には海外とのパイプ役となれるグローバルセンスを持った人材を配置すべきだと考えます。信頼関係を構築し、双方がそれぞれの役割を全うする事が、ビジネスを成功させるキーなのではないでしょうか。

―最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

今後はアジアから世界へ向けてビジネスを展開し、先生と生徒の両方を多国籍化していくことを視野にいれています。国境をまたいで活躍するグローバル人材を多面的にサポートし、彼らが国籍を問わず共生できる社会を作る「架け橋」となる事が、我々ビズメイツのもうひとつのミッションだと考えています。

プロフィール

鈴木 伸明

経歴

1977年
神奈川生まれ
2000年
青山学院大学 経済学部卒業
2007年
ヤフー株式会社入社 KPI分析など経営企画業務を担当
2009年
ベルリッツジャパン株式会社入社 経営企画業務、マーケティングに従事
2012年
ビズメイツ株式会社を設立 代表取締役に就任

会社概要

ビジョン 日本人とアジアをつなぐ架け橋になる。
目標 2018年シンガポール進出。世界中のビジネスパーソンの活躍を支援する。
事業内容 ・インターネットを使った語学教授
・ビジネスに関する教育事業
進出国(進出予定国)
フィリピン
香港
シンガポール

所在地(日本) 東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原maxim 10階
従業員数 30名(2018年2月現在)
サイトURL https://www.bizmates.jp/
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ