アジアの注目企業100

企業紹介

私たちチームサンズは、倖せを感じ、届け、人を社会を、倖せにします。 株式会社サンズ 代表取締役 渋谷 真一
株式会社サンズ

私たちチームサンズは、倖せを感じ、届け、人を社会を、倖せにします。

株式会社サンズ

代表取締役 渋谷 真一

―御社の事業内容について教えてください。

横浜を中心に神奈川県と東京エリアで住宅のリフォーム施工を行っています。アパート・マンションが7~8割を占め、主に賃貸契約の退去時における原状回復のリフォーム工事を不動産会社から請け負う形で手掛けてきました。現在は提案型のリノベーション案件も増えつつあり、工事全体の約3割に上っています。ただ、リフォーム業は手段の一つでしかありません。私たちの仕事は関わる全ての方の人生に倖せを届けるサービス業です。今後、サンズの新たな挑戦はより多くの倖せを届けられる業態に進化することです。その一つの展開として「住のコンビニ(仮)」の展開を目指しています。衣食住の住に関わることなら何でも揃う店舗。 人々の生活がより豊かになり、より多くの倖せを届けることができるのではないかと考えています。

―これまでの成長要因について教えてください。

弊社はまだまだ成長の過程にあります。昔から変わらない想いとしては「社員の成長なくして会社の成長もなし」。この想いを社員に伝え続けることで少しずつ人の成長と共に会社も成長したのかなと。アジア進出も社員の成長を思っての決断です。世界を舞台に活躍したいという若手メンバーの夢の実現を会社がサポートできたらなって本気で思っています。

―これまでの実績について教えてください。

原状回復のリフォームを中心に年間10,000件もの工事を手掛けてきました。不動産管理会社、オーナー、入居者、職人や問屋と、登場人物が多い中で同時に複数の案件をこなし案件管理能力、お客様の潜在ニーズを深堀し心因を見つけ出すヒアリング力、チーム力を存分に発揮するための人材育成力などが弊社にあります。今後、成長著しいアジアで我々の「機械ではできない。人にしか出来ないサービス」を武器に、様々なビジネスを広げていきたいと考えています。

―最後に(日本を含めた)アジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

弊社のビジョンの一つにある、「2030年までに世界10拠点進出」。そのために発展途上のアジア進出は欠かせないと考えています。アジア進出に向けてのキーワードは「チャレンジできる環境」。まずは組織力、当社でいうチーム力の強化に注力していきます。理念にあるチームサンズというのは店舗にいるメンバーだけでなく、サンズで働く全メンバーで一つのチームです。今後、日本全国展開やアジア、世界へ進出していくなかで、少人数の店舗も出てくると思います。そのような店舗のメンバーも胸をはって、私はチームサンズの一員だ。と言える組織にならないといけません。なぜならば、人は安心・安全があるからこそ、チャレンジできるのだと考えているからです。会社の安定とかではなく、チームサンズがメンバーのチャレンジを後押しできる安心感を与え、メンバーのチャレンジがチームの原動力になる。そんな強固なチーム創りを行っていきます。その上で、弊社の「人」という強みを活かし、アジア市場の文化や特性を探り、倖せを届けるサービスを展開していきます。

  • 夢の溢れるオフィスをイメージしたエントランスになっています

    夢の溢れるオフィスをイメージしたエントランスになっています

  • チーム一丸で2030年に向けての取り組みを実施中

    チーム一丸で2030年に向けての取り組みを実施中

  • 株式会社サンズ全社員での年末納会

    株式会社サンズ全社員での年末納会

プロフィール

渋谷 真一

経歴

1979年
山形県生まれ
2006年
株式会社サンズ設立

会社概要

ビジョン 2030年までに世界10拠点進出
目標 私たちチームサンズは、倖せを感じ、届け、人を社会を、倖せにします。
事業内容 ・リフォーム提案営業(住宅・店舗・オフィス・賃貸物件)
・リノベーション提案営業(住宅・店舗・オフィス)
進出国(進出予定国)
カンボジア
ベトナム

所在地(日本) 神奈川県横浜市神奈川区台町16-1 ソレイユ台町2F
資本金 1,000万円
従業員数 55名(2018年4月時点)
サイトURL http://www.s-suns.co.jp/
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ