japan-business-headline

HUGS

【カンボジアでビジネスで成功するためには】

―日本企業がカンボジアで成功するポイントや逆に失敗するポイントなどがあれば教えてください。

 本気でやる。ちゃんとやる。これに尽きますね。いまカンボジアはブルーオーシャンです。競争相手も少なく、非常にチャンスに溢れています。しかし逆を言うと、まだビジネスをするうえで整っていない部分も多い。つまり“ない”ということが非常に多いんです。その“ない”という状況に積極的に立ち向かって、自分たちで創りだせるかどうか。ゼロイチのステージがカンボジアなんです。だから本気でやらないと何も前に進みません。

―カンボジアでビジネスをするのは大変そうですね。

 大変ですが、とてもやりがいがあります。一国の文化や歴史を自らの手で創るようなやりがいがあります。

 またカンボジアは外資企業も進出しやすく、流通貨幣も米ドルです。100%独資で会社を設立することが可能ですし、無制限で国外に送金もできます。しかも大の親日国で、マーケットもこれからどんどん伸びていきます。あらゆる分野のマーケットが伸びていくんです。その魅力を考えれば、カンボジアでビジネスをするのが大変だと言っても、挑戦する価値は大いにあると思います。

【世界一のソーシャル企業を目指す】

―今後の御社のビジョンを教えてください。

 弊社は世界一のソーシャル企業を目指しています。社会的意義のある事業を世界で一番取り組んでいきます。

 また私の想いとしては、チームジャパンでこのカンボジアという国を良くしていきたい。経済成長を実現させて良い国へと発展させていきたいんです。カンボジアに移住して3年経ちますが、いまでも私はワクワクしています。人も情報もカンボジアに集まってきています。非常に可能性を感じる国です。

 3年後、5年後のことは正直分かりません。まさにカンボジアは激動の時代に入ってきているのでイメージできないんです。だから我々も突っ走るのみです。

―最後に進出を検討している日本企業の方にメッセージをください。

 ぜひいちどカンボジアに足を運んでもらいたいですね。日本企業はもっと世界に出ていくべきだと個人的に考えています。そのためには、まず肌で感じることです。行ってみなければわからない。やってみなければわからない。考え過ぎずに、まず行動してから考える。新興国のビジネスはそういうスタイルが合っていると思います。ぜひカンボジアも海外進出の選択肢の一つに入れてもらえればうれしいですね。

プロフィール

1979年、イラクのバクダッド生まれ。東京理科大学に在学中にプロサッカー選手を目指してイギリスに留学するも断念。その後は一部上場企業のトップセールスマンとして活躍。27歳で起業し、飲食店複数店舗のオーナーになる。30歳の時、海外ビジネスに挑戦することを決意し、カンボジアに進出。2010年にカンボジアの地でHUGSを設立し、共同代表に就任。2011年に家族とカンボジアに移住。2013年にはカンボジア和僑会を立ち上げる。

企業情報

設立 2011年2月
事業内容 カンボジア進出支援事業、農業、教育事業、IT事業、不動産事業、電力事業、翻訳事業、畜産業
URL http://hugs-int.com/