japan-business-headline

【インタビュー後編】 いちばん大切なのは「志」

【インタビュー後編】 いちばん大切なのは「志」

―話は変わりますが、最近の学生をどう思われますか。

 そうですね、やはり勉強はあまりしていないですよね。それに比べて、アメリカの学生は勉強しているみたいですよ。その勉強量も、半端じゃない。朝9時に学校に行って、毎日12時間は勉強しているらしいです。そして、そのまま社会に出るわけですから、やっぱりアメリカが強くなりますよね。

 日本の場合は、大学に入るまではものすごく勉強しますけど、大学に入ったとたんに勉強しなくなっちゃう人が多いじゃないですか。それで、学生時代に遊び癖がついてしまうから、社会に出てからも遊んでしまうんですよね。

―起業家になるための資質は何でしょうか。

 やはり、いちばん大切なのは「志」ですね。志は高ければ高いほどいいんです。高い志を持っている人は、現実とのギャップに苦しむわけですよ。どうして理想どおりにいかないんだと、のた打ち回って苦しむんですよ。だからこそ、どうしたらうまくいくのだろうと毎日考える。それが大切なんです。

 ただ、理想と現実のギャップに直面した時に、言い訳をして諦めてしまう人は起業家にはなれません。そういう弱い人は苦しまなくて済む分、成功もできない。だから、事業に成功する人というのは真面目じゃないといけないんですね。

 あとは、人が好きな人じゃないとダメです。人が嫌いな人というのは、人のために何かをしようとは思わないじゃないですか。お客さんも、従業員も、全て人なんです。人が好きだったら、お客さんに喜んでもらえるよう頑張りますよ。従業員に働いていて良かったと思ってもらえるような会社を作りますよ。だから、人が好きということは起業家にとって大切な資質だと思います。

―最後に、起業家になりたいような若者にメッセージをお願いします。

 繰り返しになりますが、大切なのは「志」です。高い志を持ってください。そして、現実とのギャップに苦しんでください。その苦しみに耐え、「志」を目指して毎日必死になって頑張れば、きっとうまくいきますよ。

 そもそも、人間が潜在的に持っている能力なんて、ほとんど同じ。それを顕在化させることができるかどうかの分かれ目は「努力」なんですよね。ひたむきに努力をすることは何事においても大切です。起業家になりたいんだったら、高い志を持って真面目に努力することを忘れずにいてほしいですね。甘い世界ではありませんが、頑張ってください。

プロフィール

三森 久実(みつもり ひさみ)
1957年山梨県生まれ。15歳で伯父のところへ養子に入る。帝京高校時代、野球に没頭して甲子園を目指す。高校卒業後、洋食店フローラーフーズ(株)にコックとして入社。しかし、養父の他界により、79年に東京池袋の「大戸屋食堂」を引き継ぐこととなる。83年、株式会社大戸屋を設立、代表取締役社長に就任。94年、吉祥寺店の火災を機に、「女性が気軽に入れる定食屋」という型破りコンセプトを打ち出す。そして、女性からの絶大な支持を得て、2001年ジャスダック市場に上場を果たす。

企業情報

設立 1983年5月(創業:1958年1月)
資本金 1,465,024千円
従業員数 グループ全体 598名(2014年3月31日現在)
事業内容 定食店「大戸屋ごはん処」の国内及び海外におけるチェーン展開を行うグループ会社の企画・管理・運営。
URL http://www.ootoya.com/