アジアの注目企業100

企業紹介

Magnify Life ~人々の人生を拡大し豊かにする~ 株式会社ジンズ 代表取締役社長 田中 仁
株式会社ジンズ

Magnify Life ~人々の人生を拡大し豊かにする~

株式会社ジンズ

代表取締役社長 田中 仁

―御社の事業内容とアジアでの事業展開について教えてください。

これまで視力矯正の「道具」とされてきたメガネ。私たちはそんなメガネに“眼を守る”機能を備えることで新たなメガネ市場を創出することに成功しました。 2010年12月には、中国にて海外第1号店「JINSヤマダ電機瀋陽店」を出店し、それからも積極的に中国展開を進めています。中国でも日本同様に、SPA方式を取り入れた独自のビジネスモデルで展開を広げています。

―これまでの御社アジア展開の経緯について教えてください。

海外第1号店を出店した当時は、国内市場は急成長の真っただ中でした。そのため、国内事業の拡大に注力していた時期だったのですが、同じ群馬県出身の企業であるヤマダ電機様が中国に出店する際に、お声をかけて頂いたことがきっかけで、中国進出しました。高品質の商品を斬新なプライシングで提供することで、中国の消費者のニーズにうまくフィットできたと思います。その後、米国と台湾にも出店を果たし、今では国内324店舗、海外124店舗(2017年6月末時点)を拠点に事業を展開しています。

―アジア(海外)ビジネスにおいて心がけていることを教えてください。

アジア展開の際に一番大切にしていることは、「現地を感じること」です。そこで私たちは、出店調査のための現地訪問をする際、少しでも多くのメンバーを現地に派遣するよう心掛けています。現地の市場に受け入れられることは容易ではありませんが、多くのスタッフが実際に現地を体感することで、その土地に合った付加価値を提供できると考えています。

―アジアビジネスへの想い、今後のビジョンを教えてください。

私たちはJINSという名をグローバルブランドとして定着させるためにも、今後、成長市場である東南アジアでの出店も検討しています。SPA方式というビジネスモデルを武器に革新的な商品やサービスを生み出しながら、さらなる世界展開ができればと思っています。ブランドビジョンである「Magnify Life(マグニファイ・ライフ)」を元に人々の生活を豊かにし、メガネの歴史を変えていく、それが私たちJINSです。

  • JINS 海外チーム

    JINS 海外チーム

  • ショップ店内イメージ

    ショップ店内イメージ

  • 代表の田中

    代表の田中

プロフィール

田中 仁

経歴

1963年
群馬県生まれ
1988年
有限会社ジェイアイエヌ(現ジンズ)を設立、代表取締役就任
2001年
ジンズブランドにてアイウエア事業に参入、1号店を福岡にオープン
2009年
アイウエアブランドを「JINS」に刷新
2017年
株式会社ジェイアイエヌが株式会社ジンズに商号変更

会社概要

ビジョン Magnify Life ~人々の人生を拡大し豊かにする~
目標 「メガネの歴史を変える会社」になる
事業内容 ・アイウエアブランド『JINS』の運営
・アイウエアの企画、製造、輸入、販売
進出国(進出予定国)

3カ国:中国、アメリカ、台湾

所在地(日本) 【東京本社】
〒102-0071 東京都千代田区富士見二丁目10番2号
飯田橋グラン・ブルーム30

【前橋本社】
〒371-0046 群馬県前橋市川原町二丁目26番地4
所在地(アジア) 【中国】
JINS SHANGHAI CO.,LTD.
上海市浦东新区世纪大道100号上海环球金融中心2F219室

JINS SHENYANG CO.,LTD.
沈阳市沈河区中街路15号

JINS BEIJING CO.,LTD.
北京市朝阳区新源南路3号-3至24层101内B17层17-01M室

【台湾】
台北市中正區忠孝東路2段88號13樓1306室
資本金 32億円
従業員数 3,586名(2016年8月時点)
アジアでの事業内容 ・アイウエアブランド『JINS』の運営
・アイウエアの企画、製造、輸入、販売
財務情報 2014年:361億円
2015年:406億円
2016年:461億円
サイトURL https://corp.jins.com/jp/ja/

採用サイト

※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ