アジアの注目企業100

企業紹介

BtoBソリューションプロバイダーとして世界を代表する企業グループへ	
			
 レカム株式会社 代表取締役社長兼グループCEO 伊藤 秀博
レカム株式会社

BtoBソリューションプロバイダーとして世界を代表する企業グループへ

レカム株式会社

代表取締役社長兼グループCEO 伊藤 秀博

ーアジアでの御社の事業内容について教えてください。

アジア進出においては大きくわけて2つの事業があります。一つは、2003年に初めて海外進出したBPR事業です。中国・大連市に大連レカムを設立し、日系企業では初のオフショア型アウトバンドコールセンターを開設しました。その後、2009年からBPO事業に本格参入し、2012年に長春BPOセンター、2014年にミャンマーBPOセンター、2019年には大連第2BPOセンターを設置し、合わせて4センターで300名強のスタッフで日本企業のローエンドからハイエンド業務まで受託しております。BPOで培った経験やノウハウを駆使し、現在は業務改革の提案コンサルティングを行うBPR事業に進化しております。 もう一つは、海外法人事業です。海外企業向けにLED照明、業務用エアコンなどのエコ商材やウイルス除菌装置を販売し、顧客企業のSDGs活動に貢献しております。2015年10月に中国でLED販売を開始して以降、タイ、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、インドのアジア7か国で事業を展開しております。

ーアジア展開を決めた理由や、これまでの経緯について教えてください。

BPR事業で進出する際には、日本企業をターゲットとしたローコストで高品質のサービスを提供するコールセンター事業を意識していたことから、地価が安いこと、人件費が安いこと、市場の成長性があること、日本語が話せることなどを重要視して選定した結果、中国・大連を選択いたしました。 海外法人事業においては、LED照明や業務用エアコンの販売を目的としてBPOの拠点があった大連でプレマーケティングを実施し、販売ターゲットである日系工場が多く存在する国・地域のマーケティング調査を実施した結果、2015年10月に中国・大連、次に上海に進出し、その後一気にASEAN諸国へ進出いたしました。 当社では、各国にマッチした商材や全世界で販売できるグローバル商材を開発し販売する「グローバル専門商社構想」の実現に向けた事業拡大を進めており、ローカル企業への事業基盤を構築するため、戦略的パートナーシップ先としてアジアのハブ拠点となるシンガポール企業へ投資した他、ASEAN第2の先進国とされるマレーシアにおいて、ローカル企業を完全子会社化しました。

ーこれまでのアジア市場での実績について教えてください。

BPO事業におきまして、昨年1月にWHOより新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言が発令されて以来、国内外で大混乱となりました。長春センターではビルが閉鎖される事態となりましたが、BPOセンターを国や地域で分散化していたため、業務に大きな支障がなく運営できました。不測の事態においても、ほとんど支障なく業務が遂行できたことをお客様よりご評価頂きました。 海外法人事業では、日系企業の場合、日本人社長や責任者がコミュニケーションに困るようなことがないよう、日本語で相談できる体制を整えており、他国への転勤や新たに赴任という際に、各国で対応することのできる販売拠点網を整えていることからご信頼を頂いております。 また、昨年、ウイルス除菌装置「レスパー」の海外独占販売権をアジア8か国にて取得しました。「レスパー」は世界35か国で720万台以上の販売実績があり、新型コロナウイルスの不活化も確認されていることから、今年に入りアジアでの感染急拡大と共に注文が増えており、顧客企業の感染抑制に貢献しております。

ー今後アジア進出を考えている経営者へのアドバイスをお願いします。

一部の国の金融規制のために、日本のビジネスモデルの代替え案を生み出さなければならないことがありました。進出国の外資規制、会社設立、税制、就労ビザ、輸出入通関手続きなど事前調査をすることも大切ですが、日本のビジネスモデルを海外へ持っていく場合は、海外で通用しないことも想定し、「誰に」、「何を」、「どうやって提供するのか、または提供できるのか」の仮説と検証が必要です。

ー最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

当社は国内の中小企業向けIT機器販売会社から海外日系企業向けBtoBソリューションプロバイダーへと変化を遂げて参りました。これからは、各国のマーケットにマッチした商品を創出し、現地企業へと顧客を拡大させることにより、その国に貢献し、その国にはなくてはならない企業になる、BtoBソリューションプロバイダーを目指し、最終的にはBtoBソリューションプロバイダーとして世界を代表する企業グループに成長させていきます。

  • レカムロゴデザインによるエントランス

    レカムロゴデザインによるエントランス

  • 各国のグループ社員

    各国のグループ社員

  • 25周年記念式典

    25周年記念式典

プロフィール

伊藤 秀博

経歴

1962年
東京都生まれ
1985年
新日本工販株式会社(現・株式会社フォーバル)入社
1991年
株式会社アイシーエス設立 代表取締役社長
1994年
当社設立 代表取締役社長就任

会社概要

アジア展開に関する今後のビジョン その国に貢献をし、その国にはなくてはならない企業に
目標 グローバル商材を開発し販売するグローバル専門商社構想の加速
事業内容 ・海外法人事業
・ITソリューション事業
・エネルギーソリューション事業
・BPR事業
進出国(進出予定国)
中国 (大連・上海・長春)
タイ (バンコク)
フィリピン (マニラ)
ベトナム (ホーチミン・ハノイ)
ミャンマー (ヤンゴン)
マレーシア (クアラルンプール)
インドネシア (チカラン)
インド (グルガオン)

所在地(日本) 東京都渋谷区代々木三丁目25番3号 あいおいニッセイ同和損保新宿ビル12階
資本金 2,437百万円(2020年9月末)
従業員数 533人 (2020年9月末時点) 
財務情報 2018年9月期実績 72億9,689万円

2019年9月期実績 98億5,832万円

2020年9月期実績 87億3,920万円
営業利益 2018年9月期実績 6億5,312万円

2019年9月期実績 5億1,128万円

2020年9月期実績 △3億4,525万円
サイトURL https://www.recomm.co.jp/
関連サイト 採用情報 ウイルス除菌装置「レスパー」特設サイト
株式公開 ジャスダック
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

掲載企業一覧

ページ最上部へ