アジアの注目企業100

企業紹介

プラットフォームで価値をつなぐ。想いをつなぐ。 C2C PTE. LTD. Founder CEO 薛  悠司
C2C PTE. LTD.

プラットフォームで価値をつなぐ。想いをつなぐ。

C2C PTE. LTD.

Founder CEO 薛 悠司

―アジアでの御社の事業内容について教えてください。

シンガポールで2017年に設立されたC2C社は、様々な領域のCtoCプロダクトをクライアントと共に産み出し、サービスを成長させてきました。その日本法人として誕生したのが、C2C Platform株式会社です。創業者が確立した、ベトナム/オフショア開発事業での豊富な実績、そこで蓄積した質の高いテック支援の知見を基に、CtoC機能特化型のプラットフォームの提供とシステム開発・運用を行っています。更に、グロース支援、ファイナンス支援の体制も兼ね備え、各分野のエキスパートがクライアントパートナーのビジネス拡大を包括的にサポートしています。

―アジア展開を決めた理由や、これまでの経緯について教えてください。

2010年にベトナムを訪れた際、街も出会う人々もエネルギーに溢れており、大きな可能性を感じると同時に、ここでビジネスをしていくイメージが沸いたのが始まりです。ベトナムは国家戦略として東南アジア最大のIT国家となることを目指し、国を挙げてIT人材の育成に注力しているものの、エンジニアが満足できるだけの十分な就業機会が提供されていないという側面もあります。一方日本ではエンジニア数の枯渇という構造的問題、クライアントからのコスト競争力の要望に直面しており、そこに着眼し2012年に立ち上げたのがITオフショア開発事業のEVOLABLE ASIA Co., Ltd.です。2015年には500名体制にまで拡大させ、東南アジア最大の日系オフショア開発企業に成長させました。その後もベトナムを中心にハイブリッド開発事業、投資事業を展開。2017年シンガポールにC2C PTE. LTD.を設立し、CtoCマッチングサービスのプラットフォーム構築、システム開発・運用をスタートしました。2021年、日本における開発とグロースコンサルティング強化のため誕生したのがC2C Platform株式会社です。

―これまでのアジア市場での実績について教えてください。

ベトナム(ホーチミン)に、子会社Tech Hubを設けており、現在90名程度の現地エンジニアが、システム開発、システム運用保守業務に従事しております。日本のクライアントパートナーに対し、日本チームが要件定義し、ベトナムチームと共に開発を進めるスタイルです。層の厚いエンジニアを抱えることが安定的な運用に繋がり、コストパフォーマンスにおいても、圧倒的な優位性でパートナーの信頼と満足度を高めています。

―今後アジア進出を考えている経営者へのアドバイスをお願いします。

海外ビジネスの成功には、どのくらいの力を注いで、何のリターンを得るのか、きちんと定義できていることが大事だと思います。適当な人材を現地に送り込み体裁を整えるのと、経営者自らが覚悟を決めて現地に乗り込むのとでは、事業に対するコミット度合が全く違いますから、おのずと結果も違ってきます。事業構築の過程において、競争環境に晒されたとしても、覚悟ができている経営者は負ける気がしないものです。一方で、例えば、安定した開発拠点を持つことを目的とするなら、すでに機能を有する企業へ外注し事業効率を優先することが成長への近道ということもあります。自前主義にこだわりすぎて失速するケースも多いように思います。

―最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

当社は、シンガポールで設立し、ベトナムの優秀なエンジニアたちとチームを組んで、現状は主に日本クライアントへサービス提供に注力しています。今後も特定の国にフォーカスするわけではなく、日本市場での成功事例を基に、各国の特性、事業環境を見極めながら、事業/セクションごとに展開エリアを検討していく計画です。メイン事業の海外展開としては、東南アジア主要国、具体的には、Grabサービスが普及しているような国をターゲット市場と捉え、CtoCビジネスで勝負したいと思っています。

  • ホーチミンのベトナムオフィス

    ホーチミンのベトナムオフィス

  • ベトナムのエンジニアが活躍

    ベトナムのエンジニアが活躍

  • ベトナムオフィスにてTV取材

    ベトナムオフィスにてTV取材

プロフィール

薛 悠司

経歴

2001年
慶応義塾大学入学
2003年
在学中に有限会社VALCOM(現エアトリ)創業に参画
2005年
株式会社リクルートに入社
2012年
ベトナムにてEVOLABLE ASIA Co., Ltd.を創業
2017年
シンガポールにてC2C PTE. LTD.を創業

会社概要

経営理念 世界中の個性をつなぎ、人々の暮らしを豊かに。
目標 東南アジア主要国でのCtoC事業の展開
事業内容 ・CtoC機能特化型のプラットフォームの提供、アプリおよびシステム開発・運用
・グロースマーケティング支援
・ファイナンス支援
進出国(進出予定国)
シンガポール
ベトナム (ホーチミン)

シンガポールにて創業、ベトナム/ホーチミン、東京に子会社設立済。
今後、東南アジアの主要国に進出を検討。

所在地(日本) 東京都港区海岸1-11-1ニューピア竹芝ノースタワー14F
資本金 4,391,297 USD
従業員数 101名 (2021年7月時点)
サイトURL https://c2c-platform.com/
関連サイト Wantedly
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

掲載企業一覧

ページ最上部へ