アジアの注目企業100

企業紹介

“ぴったり技術で明日をつくる”
<br/>日本で培った粘着技術で、世界中の人々の生活を快適に! ニチバン株式会社 代表取締役社長  高津 敏明
ニチバン株式会社

“ぴったり技術で明日をつくる”
日本で培った粘着技術で、世界中の人々の生活を快適に!

ニチバン株式会社

代表取締役社長  高津 敏明

―アジアでの御社の事業内容について教えてください。

弊社は独自の粘着技術をベースに、人々の健康や快適な暮らし、ビジネスシーン、そして産業の発展に貢献する多彩な価値ある製品をお客様にお届けし、快適な生活を支えています。主要製品として素肌タッチの救急絆創膏「ケアリーヴ」、スポーツ等に活躍するテーピングテープ「バトルウィン」、医療現場での止血処置に使われる「セサブリック」シリーズ、「セロテープ」に代表される文房具製品、工業用途では自動車塗装や建築塗装時に使用される和紙・塩ビ基材を用いたマスキングテープなどがあります。

※「セロテープ」はニチバン(株)の登録商標です。

アジア展開を決めた理由や、これまでの経緯について教えてください。

従来は、日本から出張ベースで営業活動を行っておりましたが、包装仕様や製品に対する現地のニーズをスピーディーに実現し、価値ある製品をお客様にお届けするには、現地拠点の設立とともに、現地人財の積極活用が必要であると判断しました。NICHIBAN(THAILAND)は、2017年7月に設立したニチバングループとして初めての海外販売子会社です。東南アジアの中心であるタイ王国に販売会社を構えることによる現地に密着した営業活動を通じて、重要市場である東南アジア及び南アジア諸国、更には中東諸国での事業展開の強化と販売拡大に努めています。

―これまでのアジア市場での実績について教えてください。

タイに2014年に駐在員事務所、2017年に販社を設立するまでは出張ベースで各国の輸入販売代理店(パートナー企業)との取引をしていました。販売製品は主にタイの合弁会社で製造している工業用テープブランド「Panfix(パンフィックス)」製品でしたが、駐在員事務所設立後は日本製の病院向け止血補助製品、また一般消費者向けの絆創膏「ケアリーヴ」なども輸出するようになりました。販社設立後はタイ国内で日本から直接輸入販売ができるようになったことで、一般消費者向け製品の販売に力を入れています。特に救急絆創膏「ケアリーヴ」はコンビニエンスストアでの販売拡大を進めています。また、スポーツ選手などが使うテーピングテープの販売も開始しました。更に、日系工場向けに日本製の工業用テープの取り扱いも拡大しています。タイ販社のテリトリーとしては、タイを含む東南アジア各国、インド・パキスタン・バングラデシュなどの南アジア、更には中東各国までカバーしています。自社の営業部隊を持つタイ以外では、現地の輸入販売代理店(パートナー企業)を通じて日本製のメディカル製品、タイ製の工業用テープ製品の輸出販売をしています。

―今後アジア進出を考えている経営者へのアドバイスをお願いします

アジアと言っても各国で文化も商習慣も通貨も異なるため、一括りでは語れませんが、弊社が進出しているタイは東南アジアの中でも投資インフラは比較的整っていると言えます。弊社が主に東南アジア向けの販売拠点としてタイに販社を設立したのも、タイ投資委員会の投資奨励制度を利用したもので、今後も東南アジアの中では中心的な役割を果たすと思われます。一方で、アジアは欧州と異なり、統一通貨は存在せず、各国に自国の通貨が存在します。弊社のような輸出入企業にとっては為替変動の影響を受けやすく、子会社単体では為替の変動が少なからず決算に影響を与えるため、その覚悟と対策は必要になります。

―最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

絆を大切にし、快適な生活を支える価値を創出することによって、「ニチバングループにかかわる世界中の人々の幸せを実現する」ことを私たちの使命としています。NICHIBAN(THAILAND)に続き、欧州地域での弊社製品の販売事業の拡大及び成長戦略を推し進めていくため、2019年1月には、ドイツ・デュッセルドルフに駐在員事務所を開設しました。「ぴったり技術で明日をつくる/Sticking to your needs」を合言葉に、グローバル市場へのスピーディーな展開・拡大を進め、私たちの使命の実現に邁進してまいります。

  • 海外向けセロハンテープ「Panfixセルローステープ」

    海外向けセロハンテープ「Panfixセルローステープ」

  • 救急絆創膏「ケアリーヴ」のタイ向けパッケージ

    救急絆創膏「ケアリーヴ」のタイ向けパッケージ

  • 止血補助製品「Cesablic(セサブリック)」シリーズ

    止血補助製品「Cesablic(セサブリック)」シリーズ

プロフィール

高津 敏明

経歴

1966年
兵庫県生まれ
1990年
ニチバン入社
2015年
事業統括本部 購買部長
2018年
執行役員 メディカル特販営業部長
2019年
代表取締役社長 就任

会社概要

ビジョン 快適な生活を支える価値を創出し続け、グローバルに貢献する
目標 現地密着営業体制を確立し、2030年までに海外売上比率30%を実現する
事業内容 ・絆創膏、貼付剤等メディカル製品の製造および販売
・文具・事務用品、産業向け等粘着テープ製品の製造および販売
進出国(進出予定国)
タイ

  ドイツ

所在地(日本) 東京都文京区関口2-3-3
資本金 54.51億円
従業員数 1,275人(2019年9月時点)
財務情報 2019年 3月期実績 474億1700万円
2018年 3月期実績 462億3400万円
2017年 3月期実績 441億4500万円
営業利益 2019年 3月期実績36億8400万円
2018年 3月期実績44億1900万円
2017年 3月期実績40億5700万円
サイトURL https://www.nichiban.co.jp/
関連サイト ニチバン新卒採用サイト NICHIBAN(THAILAND)
株式公開 東証一部
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

掲載企業一覧

ページ最上部へ