アジアの注目企業100

企業紹介

ソーシャルビッグデータの可能性を追求し、アジア圏ビジネスに成功を! 株式会社トレンドExpress 代表取締役社長 濱野 智成
株式会社トレンドExpress

ソーシャルビッグデータの可能性を追求し、アジア圏ビジネスに成功を!

株式会社トレンドExpress

代表取締役社長 濱野 智成

―アジアでの御社の事業内容について教えてください。

私たちは、Weibo、WeChatをはじめとしたSNSに加え、ブログ、掲示板などのあらゆるソーシャルビッグデータ(クチコミ)を調査・分析し、マーケティング効果を最大化させるプロフェッショナル集団です。現状調査や戦略策定から認知拡大・理解促進、購買促進、効果測定までのマーケティングプロセス全般にわたるサービスラインナップで、アジア圏向けマーケティングのPDCAサイクル構築を支援しています。ソーシャルビッグデータから導き出される消費者インサイトに裏付けされたストーリーと、各国にマッチしたプロモーション施策で、お客様のアジア圏マーケティングを成功に導きます。

―アジア展開を決めた理由や、これまでの経緯について教えてください。

当社が本事業を始めたきっかけは2つあります。まず1つめは、中国を中心とするグローバルなソーシャルビッグデータの取扱を開始したこと、2つめは、2015年から加速した訪日ブームと観光立国推進です。「爆買い」が流行語になり、訪日観光客が押し寄せ、「インバウンド市場」が拡大し始めました。2015年5月そんな訪日外国人の見えざるインサイトや需要予測をソーシャル・ビッグデータで分析するサービス「中国トレンドExpress」を開始しました。その後、中国人消費者の嗜好の多様化や越境ECの台頭などを背景に、インバウンドからクロスバウンドへお客様のマーケティングニーズが変化してきています。その変化に対応し、日本企業の積極的な外需の取り込みを推進すべく、「株式会社トレンドExpress」として組織・サービスを強化、ソーシャルビックデータを軸としたプロモーションやPR支援サービスが多くのお客様からご好評いただいております。2017年11月には1.8億円の増資を実施、今後ますますパワーアップしてデータに基づいた成果の高いマーケティング支援をグローバルで推進して参ります。

―これまでのアジア市場での実績について教えてください。

ナショナルブランドメーカーや小売企業を中心に数百社の支援を行っております。中国人消費者のクチコミ拡散を最大化するサービス「トレンドPR」については、支援先商品がECサイトで30万個の在庫が1ヶ月で売り切れとなり、商品に「売り切れ大王」のあだ名がつくほどの事例を生んでいます。双十一という世界最大のECイベントでは、支援先のほとんどの会社を前年比200%〜300%の成長に導くマーケティング支援を成功させています。中国を中心としながら、台湾・香港・韓国・東南アジア圏への調査・分析・プロモーションも提供しております。

―今後アジア進出を考えている経営者へのアドバイスをお願いします。

アジアは間違いなく今後も急成長を遂げていく魅力的な市場です。当たり前の話ですが、まずは経営者自身がその市場を肌で感じることが重要だと思います。できれば生活者として、その地に身をおくことで得られる知見や情報が全く違います。 出張だと、どうしても特別扱いされてしまったり、現地の生の情報が点でしか得られません。1週間、1ヶ月と継続的に生活をすることで、初めて見えることも出てきます。私も上海と東京で半分半分の生活をしておりますが、日中間でのビジネスインフラや環境のちがい、進歩スピードや流通情報のちがいを肌で感じています。

―最後にアジア市場での今後の展開や、ビジョンを聞かせてください。

プロモーション費用のみで、集客、販売、CS対応、物流まで全てトータルサポートするサービス「トレンドEKKYO」を中心とした越境ECへの進出支援、台湾、韓国などをはじめとしたアジア圏向けプロモーションサービスの強化などを図ってまいります。また、ホットリンクグループの強みであるソーシャルビックデータを主軸としたプロモーションサービス開発にも引き続き注力することで、データに基づいた成果の高いマーケティングを支援してまいります。

プロフィール

濱野 智成

経歴

1985年
千葉県生まれ
2007年
アウトバック・ステーキハウス・ジャパン入社
2010年
デロイト・トーマツ・グループ入社
2015年
株式会社ホットリンクに参画
2017年
株式会社トレンドExpress代表取締役社長に就任

会社概要

ビジョン Evidenced Marketing CompanyといえばトレンドExpress
目標 中華圏向けマーケティング支援でNo.1の会社になる
事業内容 - 世界各国ソーシャルビッグデータを使ったマーケット調査
- インバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティング
- トレンドExpressの編集・発行
- ソーシャル・ビッグデータ分析を基にしたプロモーション提案や支援
- 越境ECを通じた売上拡大支援
進出国(進出予定国)
中国
台湾
香港
韓国
シンガポール
タイ

所在地(日本) 東京都千代田区富士見一丁目3番11号 富士見デュープレックスビズ 5階
資本金 1億4,500万9円
従業員数 12名(2017年11月現時点)
サイトURL http://www.trendexpress.jp/
関連サイト 中国トレンドExpress トレンドPR その他、中国向けプロモーションサービス
※本サイトへの掲載は、法人向けに提供している会員サービスの一つです。なお、掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン(株))は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

このサイトをフォローする

ページ最上部へ